「ビルとテッドの大冒険」待望の続編に“死神”再び!ウィリアム・サドラーが続投 まんが,マンガ

2019年12月21日 23:00

全米公開は20年8月21日を予定
全米公開は20年8月21日を予定

[映画.com ニュース] キアヌ・リーブスアレックス・ウィンター主演の大ヒットコメディ「ビルとテッドの大冒険」シリーズ第3弾「Bill & Ted Face the Music(原題)」で、前作から引き続き“死神”グリム・リーパーをウィリアム・サドラーが演じることが分かった。

1989年の映画「ビルとテッドの大冒険」は、ロックスターを夢見る落ちこぼれの高校生ビル(ウィンター)とテッド(リーブス)が、歴史の試験に合格するためタイムトラベルをするという荒唐無稽なコメディ。91年公開の続編「ビルとテッドの地獄旅行」から29年の歳月を経て、奇跡の復活を遂げたシリーズ第3弾は、主人公ふたりがそれぞれ家庭を持つ中年男性になっているという設定。時空が歪むという未曾有の危機が発生するなか、未来からの訪問者に世界を救えるのは彼らの歌のみと告げられたふたりは、人類の存亡がかかった運命の1曲を書き上げるべく、インスピレーションを求めて再び時間を遡る大冒険へと繰り出す。

さらに、場面写真がお披露目され、シリーズ前2作と同じ公衆電話ボックス型のタイムマシンに乗り込み、緊迫した表情を見せるビルとテッドのツーショットや、呆然と立ちつくすラッパーのキッド・カディことスコット・メスカディ、テッドの娘ビリー役のブリジッド・ランディ=ペイン、ビルの娘テア役のサマラ・ウィービングの若手俳優3人を捉えている。

前2作を手がけたエド・ソロモンクリス・マシスンが脚本を執筆。「ギャラクシー・クエスト」のディーン・パリソット監督がメガホンをとり、スティーブン・ソダーバーグが製作総指揮を手がけるシリーズ第3弾「Bill & Ted Face the Music(原題)」は、2020年8月21日に全米公開予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース